自身が作り上げる

これから内装デザインを行う上で「自分の考えや意見でやってみたい」,「自分の考えでたくさんのお客様に喜んでもらいたい」などなんでも一人でやってみたいと考えている方はいないでしょうか?

飲食店や美容院では開業するにあたりほとんどが自営業になります。内装もデザインも家具へのこだわりもすべて自分でやることで多くのお客様に喜んでもらいたいと考える人も多い。

そこで、自身ですべてやることで何が重要化を考えよう。特に重要なのは、
1.内装デザインの技術,
2.ターゲット層の明確化,
3.感情の表現である。

飲食店や美容院を開業するにあたりまずは、1.「内装デザインの技術」を知らないと始まりません。お客様が来ていただくためにお店の雰囲気が重要なので、そのような雰囲気を出すために自分自身が飲食・美容の内装デザイン技術を知らないとお客様に喜んでもらうことは出来ません。飲食・美容の内装デザインを知ることはお客様の感情について知ることにつながると思います。

2.「ターゲット層の明確化」とはどのような年代層をどのような考えを持った方たちに来てもらうかを明確にし、サービスを考えるかである。これは、従業員の対応にあるため従業員が来ていただく人に対してどのような対応をとればその人に喜んでもらえるかである。飲食店や美容院を開業するにあたり従業員をどのように教育するか考えないといけません。

3.「感情の表現」とは来ていただいたお客様がどのような気持ちでお帰りになられるかである。どのような感情を持った人が来てどのような感情になって帰られるのかを作り上げることも飲食店や美容院にはかかせません。

例えば、疲れ気味の人に安らぎを与えて、またがんばれるといったような感情で変えられる事が大事です。以上の3つ以外にもいろいろありますが、この3つが特に重要で自身で飲食や美容の内装デザインの知識を身につけ今後の自分に生かしていき新しい視点を見つける事が重要だと考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>