内装デザイン居抜きデメリット

気になる居ぬきのデメリットとは?
居抜き物件を探していて、立地が良く好みの内装を見つけると、この状態を生かしてお店作りをしたいと考えてしまいます。美容室は、他の業種の店舗に比べると、使いまわせるものが少ないです。また不必要な設備は、解体しなければいけないので費用がかかってしまいます。そのため居ぬきを考えるなら、美容室の居抜きか解体済みのスケルトンで考えたほうが良いです。

前店の情報
前のお店が美容室の場合でも、評判があまり良くないところだと新しく変わっても周辺住民に認知されません。なので認知されるまでの時間と費用がかかります。自分の理想の店舗と近い店でも似ていることで、集客できないので諦めたほうが良いです。前のお店の情報は、不動産などに聞くと良いでしょう。

居抜き物件のチェックポイント
・設備の確認をして必要なものか不必要なものかを確認する
・使える設備でも動作がしっかりしているか見る
・解体工事する場合の値段を確認する
・前のお店の評判などの情報を得る