五感によるデザイン性の違い

人間には、
1.視覚
2.聴覚
3.嗅覚
4.味覚
5.触覚

といった第五感という物があります。

生活の中で私たちはこの五感はとても多く働かさせます。飲食店に入ったときに料理の嗅覚やどのような料理があるかといった視覚,料理を食べたときの味覚。美容院でも髪を乾かしているときの聴覚や紙を切られているときの触覚もあります。

内装デザインにおいてもこの五感を使った考えが重要で、来ていただいたお客様にどう印象を与えるかである。例えば、仕事でむかつくことがあったときは店内を少し暗くして視覚を操作する。さらに、落ち着いた感じの曲を流して聴覚も支配して感情を操作し、落ち着いた勘定をお客様に与える。

飲食店や美容院では視覚と聴覚を使った操作が多く、ほとんどの飲食店と美容院がこれを使っている。しかし、ほとんどがこのような考えだと価格競争になってしまうため違った考えが必要である。飲食・美容の内装デザインを行うにあたり視覚と聴覚の操作だけでなく、味覚,嗅覚の操作も重要であると考えられる。飲食で内装はあまりこだわっていないが商品へのこだわりを徹底していて味覚と嗅覚だけで理解することも出来る。美容院でも触覚や嗅覚が主流になってきており、シャンプーやワックスのにおいにこだわり、お客様にまた来たいという衝動を与えている。

内装デザインとは五感によるお客様の感情について考えるかも重要です。内装デザインを行うにあたり、基本の知識を理解して内装デザインを行うことで来ていただいたお客様の感情を100%理解してその人たちにいい感じの感情を与えることが出来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>