お客様の考え

「お客様にいかに来てもらうか」,「いかに喜んで楽しい思い出を作ってもらうか」といったような考えが重要であると誰もが思います。しかし、その中でも「来てもらう方達がどのような考えを持っているのか?」,「どのようなことを望んでいるのか?」といったような問題を理解することが難しい。

飲食店や美容院では特にこのことが重要であり、この考えが怠ってしまうと美容や飲食のお店は一瞬で信用を失う。では、来てくださった方達にどのようなことをすれば喜んでもらえるのか?また来てくれるのか?について考えます。

その方達の意見としてあげられるのは2つあります。
1.お客様の意見を必ず参考,
2.見たことないである。

1つ目の「お客様の意見を必ず参考」とは、内装デザインを行ううえでもそうですが依頼していただいた人の内容を理解し、その人の100%満足いくような内装デザインに仕上げます。これらは飲食店や美容院などでも同じです。

自分たちの分野とは関係がないといってあきらめたり,聞き流すのではなく、言っていただいたことに対して「どうしてこのように言ったのか?」と思う気持ちが大事です。無関係のことを言うのはおかしいと言った人も思っているので、それを言ったことは何かしろの意見を持っていると自然にその方の気持ちをつかみ喜んでもらうことが出来る。

2.「見たことない」とは、新しい飲食店や美容院に入ったときに内装デザインが他とは違うと思ったりすると、興味がわきます。内装デザインでも今までとは違った方法などを飲食店や美容院で見ると「なぜこのような内装になっているのか?」といったことになり、デザイン性に興味がわきます。

お客様一人一人の意見をないがしろにしてはいけません。その方達には一つ一つの気持ちがこめられているのでその気持ちを汲み取って見解する事が飲食や美容院の内装デザインについて重要となってくる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>